子どもの為にハンドメイドという母親らしいこと

私の母は、ハンドメイドが大好きで小さな頃は連絡帳入れやお弁当袋や手さげ袋などをミシンで作ってくれていました。
その頃は何とも思っていませんでしたが、子どもがいる現在では『ミシンを自由自在に使ってハンドメイド』が出来る母が凄く素敵だと思います。
既製品ではない、どこにも売っていない世界でたった一つの手さげ袋・お弁当袋になるのです。
それを使ってきた私は幸せ者だなあと思います。
母は、昔と同じように私の子どもに手さげ袋などを作ってくれています。
『本当にありがとうね。』と言うと『作る事が好きだからいいのよ。』と。
知らずに作業中の母に電話をかけると作業が中断されたので、どことなく機嫌が悪い。本当に夢中で作ってくれているんだなあと感じます。
不器用な私ですが、少しずつ練習して一つでも我が子の為にハンドメイドを作れる母親になりたい。
手芸教室に通うか、本を買い独学で勉強するか、母に習うか、どういう方法にしようかなと静かに思うのでした。アコム 土日 融資