聞いたこともなかった病気を患って、毎日生きていくことになりました。

5年ほど前、ひどい膀胱炎にかかりました。抗生物質を使ってもすぐには治らず、色々試してやっと、菌はなくなりました。しかし、痛みはひかないのです。痛み止めも効かず、夜も眠れず、食欲もなくなり体重も10kg減少しました。さまざまな泌尿器科を受診しましたが、いっこうに分かりません。「膀胱炎は治っています。」と口をそろえてどの医師もいいます。自分なりに調べることにしました。検索をかけていくと、ある病気に行き当たりました。「間質性膀胱炎」です。無菌性膀胱炎ともいわれますが、特徴は下腹部のひどい痛みで、いまのところは原因は分からないままです。アレルギーの一種ということもいわれています。症状の緩和には食事制限です。治療法も色々模索されているようですが、決め手はありません。治療によっては、悪化することもあるようです。なんとも厄介な病気になりました。できることからはじめようと、刺激物、カフェイン、アクの強い食品をすべて排除しました。好きな紅茶も飲めず、お刺身もワサビなし、サラダもトマトなどはなし、ドレッシングもダメ、カレーも我が家では定番メニューでしたが、作らなくなりました。でも、痛みは引かない、ひどくなると下半身の関節部分がすべて痛くなり、横たわってうめいています。患って数年たったころでしょうか。痛みが和らぐ日も出てきました。でも、まだ痛い日々もあります。こんな毎日をさざ波のように繰り返しながら、少しずつ治ってきました。でも完治はしないのでしょう。痛みは全くなくなる日はほとんどないのです。この痛みを上手にあやしながら、日常を過ごしていくことがこれからの私の人生の課題なのでしょう。キャッシング 今すぐ